マニキュアとネイルデザインのトレンドは秋/冬2018-2019

秋/冬季のマニキュアトレンド2018-2019

新しいファッションのシーズンを見越して、それはファッションデザイナーの世界では舞台裏見て、新たな興味深いが何であるかを見るために時間です、彼らはマニキュアの分野で私たちを提供します。もちろん、デザインで、マニキュアのための色や色合いの動向、爪の形や長さを、そして:したがって、私はあなたが非常に、冬の2018年から2019年シーズンにネイルデザインマニキュアにファッショントレンドを見て議論していき示唆しています。

マニキュアの傾向秋/冬2018-2019:爪の形状と長さ

1 – 短く自然な

マニキュアの秋の傾向の多くは、非常に実用的な非常に短かった爪に表示されました。しかし、彼らが思い出に残るしがみつくとなり精巧な概念を持っていないようです。

Marc Jacobsは短い爪で新しいマニキュアを発表しました。彼はラッカーを開発し、爪の装飾は快適さとソニアリキエルのクリーチャーのためのモデルは、それはまた、短い爪に提示されていました。

2 – 実用的な楕円形

前の季節は、しばらくの間、過度に実証されており、実用的ではない長い爪がさまざまなパターンやスタイルを示しています。幸いにも、秋に2018ネイルトレンドがスムーズな楕円形のヒントと中位の長さのファッショナブルな、実用的な爪を考えられているようなものです。

Antonio Maras氏は、詳細を失うことなく、中程度の長さの釘で複雑で深みのあるデザインを実行できることを示しました。 Chromatはまた、このフォームの爪に非常に興味深いデザインを示しました。

3 – 短い正方形のヒント

Cushnie et Ochsは短い長さの柔らかい正方形の爪にマニキュアの輝きを示しました。この形はグラフィック描写ではより成功したと考えられます。 Gypsy Sportはまた、四角い形の短い釘の上にワニスを入れた幾何学的な白黒デザインを実演しました。艶のある金属と黒いマニキュアのHan Wenも四角い釘の上でやった。

マニキュアの傾向秋/冬2018-2019:ニスの色と濃淡

1 – Sullenの色

当然、より寒い月が始まると、ファッションと美しさの両方で、色が濃く暗くなります。 2018年から2019年の秋冬の爪のトレンドは、秋の本物の側面をカバーしていました。無色のネイル・ワニスを多く提供しています。

フィリップ・リムは、ダーク・オリーブ、スモーキー・カラーなどの濃い色調で爪を見せました。 Manicure Tanya Taylorは、豊かなブルゴーニュ色のベースに素晴らしいクリーム色を発揮しました。

Edeline Loveのチョコレートチェリーネイルは、夢中で、中間色のヘアピンの形をしたかなり深い色調でした。細かいメッシュでキャップ濃い色の爪忠商事は、興味深く、また、ヘビ皮の効果を持つゴシック様式の魅力のちょうど右の量でした。

2 – 未来的な金属性

金属は通常、金、銅、クロムの色合いとみなされます。最近の季節には、バラのゴールドのトレンドは本当に始まりましたが、今では2018年にはすべての色調の金属がネイルの傾向に入っています。

3 – 貴重な色

2018年秋のマニキュアのトレンドは、今後のホリデーシーズンやそれ以降に選択するのに十分な魅力的な色の爪があることを保証します。豊かで洗練された独特の神秘主義は、ジュエリーのマニキュアは印象的な高みにあなたの外観を持ち上げることができます。

マーク・ジェイコブスのネイル・ポリッシュは、大きく色とりどりと美しく装飾された9色のトーンで登場し、それを見た人は誰もが驚いていました。

4 – ニュートラルの新しい色合い

マニキュアの傾向は秋/冬2018年から2019年の年は私たちに何か光を着用したい人のための素晴らしいニュースだ金と銀のメタリック新しいnyudamiを示すが、輝きのヒントを持ちます。空気濃い灰色の色合い、ベージュ、および新たな中性及びヌード考えられている柔らかい、半透明nogtiki、と組み合わせてもオリーブ色。これらのネイルカラーは控えめな、しかしエレガントなことには十分過ぎる色を強化していない普遍的、灰色、茶色、オリーブ色の濃淡、色合いNydalaが含まれます。

5 – 光沢のある光沢

光沢のある爪は常に素晴らしいと2018年のトレンド爪を更新しています。驚くべきマニキュアクリスチャン・シリアーノは光沢光沢のある仕上げを輝いていたいくつかの異なる、非常に美しいデザインを持っています。輝きは豊かな色と金属製品の組み合わせを強調していました。

6 – 爪の爪

マニキュアのトレンド秋/冬2018年から2019年、グリッターネイルトレンドである、と私たちは輝くと魅惑的なことすべてを愛しているから、これはマニキュアの私たちのお気に入りのバージョンであることを誇りに思っ主張!
Cushnieらオークスは、先端に光輝釘の散水とほとんど「裸」でした。画像は輝きを達成するために、かなり偉業である、自然、非常にエレガントではない全く圧倒的でした。

光沢のある仕上げを輝くマニキュアの象牙は、から選択する別のクールなオプションPREENのような目に見えるモデルでした。

7 – より豊かなレッズ

レッドは爪のためのクラシックな色ですが、どのファッションファンもレッドの色合いが変わっていて、ブルーとオレンジレッドも含まれていることを知っています。オスカーデラレンタは光沢があり深みのある赤いマニキュアを示しました。一方、Zadig&Voltaireは、明るい爪を見せましたが、光沢のあるチェリーレッドがありました。

8 – つや消しの爪

Gareth Pughは長いコットンのコットン・ブルー・ネイルを先端にカットアウトしていました。彼らは予期せぬ出来事があり、予期せぬ外観とショーのスタイルに合致することができませんでした。

ステラ・マッカートニーもミュート・ピンクのマニキュアを消音し、ミュートされた画像で飾った。マットなマニキュアの奇跡は、2018-2019年の秋/冬のトレンドのままになるのはいいことです。

爪のデザイン傾向は秋/冬2018-2019

1 – 宝石と宝石

ジュエリーネイルはコンセプトでは新しいものではありませんが、今シーズンの最新のアイデアには、異なるサイズと形状のジュエリーやクリスタルが含まれています。場合によっては、2018年にネイルアートのトレンドと見なされるように、大きな石を別々に配置して顕著に異なる外観を作り出します。

2 – ヒントのみ

マニキュアは実際には単に爪の先端を飾っていましたが、さまざまなデザインやテクスチャで選択されました。

3 – 印刷

様々なファッションウィークの釘のデザインにおける2018年の秋に最も議論された傾向の1つは、ミス・ポップがジェレミー・スコットのために作成したネオンプリントの爪でした。私の目を引っ張ったものの1つは、公正商店街ショーの清潔で甘い爪でした。

4 – ミニマルデザイン

フランスのマニキュアのように、ミニマリストマニキュアは、いずれかの形の短い爪に1つまたは2つの色で行われます。だから、Cushnie et Ochsは、斑点のついた先端に目立つ爪で裸の爪を選び、唯一のニスは正方形の爪にあった。

5 – 釘のアクセント

1つの爪のデザインはそれをより際立たせ、これは2020年から2019年の秋冬のマニキュアシーズンの別の傾向です。アントニオ・マラスはアクセントのついた最初の指で光沢のある黒い爪を見せ、赤と金の撚りをアクセントとしてデザインしました。

6 – 贅沢な爪のデザイン

ソフィアウェブスターとザ・ブロンドズは、2018年にネイルアートで最も贅沢な傾向のタイトルを獲得しました。彼らのデザインはまだ着用に適していた:宝石で美しく装飾された爪モデルは複雑だったあらゆる面からの光をキャッチし、キューティクルから先端まで爪を飾るように設計され、慎重に作られています。

7 – 月の装飾

モスキーノとティビは、爪キューティクル(月のマニキュア)の三日月の自然なディテールを描いた2018年秋の爪のデザインを実演しました。 Tibiのショーでは、模型の釘は、ニスのないクチクラの葉にアクセントを付けて短く、残りの爪は薬指にオレンジと赤の色をして淡いピンク色で塗装しました。

どのようにトレンドが好きですか教えてください。今シーズンのファッションの最新動向に従うかどうか、興味深いと思われるもの、そうでないもの、そして何よりも?

写真 – glysly.comによるLivingly

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: